住宅ローン借り換えの目的

知って得する住宅ローン借り換え術

長引く不況の影響を受けて家計の見直しの必要性から住宅ローの見直しを考えている人は決して少なくありません。また将来的な金利上昇の不安から金利の見直しを含めて住宅ローンの見直しを検討している人も多くいます。どちらにしても住宅ローンを見直す方法は現在の住宅ローンよりも有利な条件となる住宅ローンへの借り換えが選択肢となるはずです。住宅ローンの借り換えで失敗しないポイントは、何のために住宅ローンを見直すのかという目的を明確にすることです。月々の返済額を下げたいのか、返済年数を短縮したいのか、将来的な金利上昇のリスクを回避したいのかなど、住宅ローンを見直す目的を明確にすることで、自分にあった住宅ローンを見つけることも可能になるからです。
例えば月々の負担を抑えたいという目的や、総返済額を減らしたいという目的であれば、これまでの適用金利よりも下がれば負担は減りますし、将来的な金利上昇に対するリスクを一番に考えている人であれば、固定金利の住宅ローンが選択肢となります。
当初の金利優遇期間が切れるタイミングであれば、住宅ローンを見直して借り換えを検討するタイミングとも言えますし、将来的なライフプランを考える上で、変動金利タイプのものを固定金利タイプへと切り替え、将来的なキャッシュフローを明確化するために借り換えを実行するのも1つの方法です。
いずれにしても住宅ローンの借り換えは、適用される金利ばかりに注目することなく、自分の目的にあった条件を検討することが重要です。